オーミファシリティ 業務案内

業務案内

  • 消防設備・工事・点検

    消防設備・点検

    消防設備等は、いついかなる時に火災が発生してもその機能を有効に発揮できるものでなければならない為、消防設備が設置されている建物は6ヶ月に1度、消防設備点検が必要です。

    このため、消防法では管理者や関係者の方に建物に必要とされる
    消防用設備等を設置するとともに、定期的に点検を実施し、適正に維持管理していくことを義務付けられています。
    (消防法第17条、同条17条3の3)

    また、建物の管理者は、建物の用途や面積に応じた消防設備が
    正しく安全に機能しているかを、消防庁又は消防署長に報告する義務があります。

  • 設備工事

    設備工事は消防設備士と呼ばれる国家資格を所持した者しか工事を行う事ができません。
    消防設備は消防法に基づいて設計、設置を行い、各書類の提出も必要になります。

  • 点検

    消防法によって設置が義務づけられている消防用設備は、専門的な知識を持った消防設備士や点検資格者によって定期的に点検を行い、消防機関に報告する義務が定められています。
    ※機器点検6ヵ月に1回
    ※総合点検6ヵ月に1回
    合計年2回の点検が義務づけられています。

  • 設計

    消防法では、用途によって設置義務が異なります。消防法に基づいて的確に設計し、お客様のお役に立てるよう、少しでも金額が下がるよう提案させて頂きます。

  • 物販

    全ての消防用設備、防災用品を取り扱っております。

  • 電気工事

    電気工事

    オーミファシリティーは主にLEDなどの照明設備工事などの電気工事を行っております。
    LEDは、様々な場所で消費電力削減やCO2削減に大きく貢献しています。ランニングコストの低減に加え、電球の取り替えやメンテナンスの手間も削減することができます。
    当事業所では、お客様と一緒にプランを考え、照明器具の種類など、ご要望に沿ったベストなLED工事をお届けしております。
    コンセント増設工事やエアコン工事、その他電気工事の事ならなんでもお申し込み下さい! まずは無料お見積りを!

  • 防犯カメラ・セキュリティ工事

    防犯カメラ・セキュリティ工事

    防犯カメラとは様々な目的で監視を行う為のカメラです。
    主な用途としては防犯、防災、計測、記録などがあります。一般的に防犯目的の場合は防犯カメラ、防災カメラとも呼ばれております。作業効率の向上にも役立ちます。
    防犯設備士が的確なご提案をさせていただきます。

    どんなカメラでもご提案できます。お気軽に相談下さい!まずは無料お見積りを!

  • エレベーター保守点検

    エレベーター保守点検

    保守点検とは、建築基準法第8条に基づく点検です。 保守点検では、専門技術者がおおむね月1以内ごとに、エレベーターに異常がないかどうかを調査します。保守点検の記録は3年以上保管するものとされています。

    人を乗せるエレベーターは、不具合が発生すると、人の命に関わる事故が発生する恐れがあります。例えば、電気系統や扉開閉装置の故障による「閉じ込め事故」、巻上機ブレーキ制御の不具合による「段差発生・転倒事故」と「人が挟まる事故」などです。

    そういった事故を事前に防ぐために資格を持ったスタッフがしっかり点検し、不備や劣化のある部分を修復してエレベーターを利用される方に安全・安心をお届けします。

    ほとんどの場合、大幅に点検金額を下げる事が出来ます!まずは無料お見積りを!